住み心地がいいから評判

男性

一戸建て住宅が人気となるのは、家が存続する限りは、家が家族を守ってくれるからです。もちろん、守る家にするのは住む人の手の入れ方次第ではあり、メンテナンスも重要ではあります。その住宅が優良住宅で、100年以上資産価値を保つのであれば、次世代への継承も可能です。マンションやアパート、住み替えるにしても、より優れた住み心地の一戸建て住宅に人気があります。特に、外断熱・健康増進・環境共存住宅という内容の一戸建て住宅が、大阪でも人気化しています。木造軸組の構造も、基礎を含めて外断熱していて、通気より換気によって住み心地の質を高めるシステムが採用されています。家族の健康増進を図り、家が長持ちするために取り入れるのが、センターダクト方式となるエコ換気システムであったり、涼温換気です。大阪にて一戸建てを建てる目的は、このように良い住み心地を実現することにあります。

良い住まいという種類がある

家族

一戸建て住宅の種類は構造の違いもあれば、和モダン住宅となるテイストの違い、さらに建ててくれる建築家によって異なります。ちなみに、住み心地にも種類があることをご存知でしょうか。良い・まあまあ・悪い、という評価を付けることができ、悪いというのは言わずもがな欠陥住宅を指します。良い住宅というのは、地震や自然災害に強く、耐久性が高いという特徴があります。省エネルギーでの生活が可能で、大阪の不動産事情としても盛んに行われているのは、ゼロエネルギー住宅、省エネルギーでのトップランナー住宅などです。そうした一戸建て住宅は一見して魅力的ですが、住み心地を目的として建てているのかといえば別になります。構造と断熱の方法、換気と冷暖房の方法についても『良い評価』になる種類があります。例えば、構造は木造軸組、断熱の方法は外張り、換気はセンターダクト方式、冷暖房に関しては次世代省エネルギー基準をクリアしていなければなりません。そうした断熱性能と機械換気の効率を高めたのが、いわゆる高断熱・高気密住宅です。熱を外に逃がさない工夫が高度に施されている家という特徴があって、省エネルギーになります。隙間がないので、新鮮な空気を確保するための工夫が必要で、24時間の機械換気システムが当てはまります。暖房については、高気密で高断熱ならば、床や壁などからの体感温度が快適の決め手になりうるようです。肌に合うか否か、床暖房、エアコン暖房、セントラル空調から選択するようです。冷暖房が安上がりになる一戸建て住宅が必ずしも住み心地が良いワケではないため、日当たりの良し悪しなども加味して選びましょう。

広告募集中